借金

夫が借金!?その時主婦が取るべき行動

更新日:

専業主婦の方が夫の借金に気づくためにはどうしたらいいのか?

気付いた時にどのような行動を取るべきなのか?

自分の体験を元に、具体的に書いていきたいと思います。



夫の借金に気づくきっかけ

夫の行動や言動が怪しい!と感じた時は、裏を取ってみましょう。

女性の勘というのは恐ろしいほど当たります!

だから、あなたが感じた違和感は、何かしらの理由があってにじみ出ているものだと思います。

浮気なのか、借金なのか、リストラ宣告なのか、宝くじが当たったのか。

いいことなのか悪いことなのかは分かりません。

 

ただ、借金だった場合は、早め早めに対応していかないと、額が増えていくスピードは恐ろしく早いので手遅れになってしまいます。

旦那のことを信用したいからと目を背けていると、あなただけでなく、お子さんや親にまで影響が出てしまいます。

裏を取って何もなければ、それはそれで安心できるので、一度確認してみてください。

夫の態度や言動に注意

旦那さんの態度や言動を注意して見てみましょう。

・穏やかな日とイライラしてる日の差が激しい
・月末になると落ち着かない
・急に羽振りが良くなった
・家にいる時に話す頻度が減った

まだまだたくさんありますが、これらの兆候が見られたら少し気をつけてください。

 

借金をしている人は、常に返済日を気にして過ごしています。

返済日が近い時には落ち着きがなくなりますし、返済が終われば気持ちが楽になって穏やかになります。

そして、返済日は月末に設定されていることが多いので、毎月の月末に落ち着きがなくなるというのは、借金をしている人によく見られる特徴です。

だって、普通は給料日があって嬉しい月末なのに、機嫌が悪くなるっておかしいですよね。

 

また、急に羽振りが良くなるのも、大いに怪しんでください。

羽振りが良くなるということは、臨時収入が入った可能性があります。

普通に仕事をしている分には、いきなり給料がたくさん出ることはほぼほぼないので、かなり怪しいですよね。

宝くじが当たったのならいいですけど。

借金を抱えてる人にとっての臨時収入とは、「利用額が増えた」とか、「新しいカードローンを契約した」ということです。

信じられない!と思うかもしれませんが、借金をたくさん抱えてる人にとっての利用枠の増額って、自分の口座にお金が入ったのと同じ感覚なのです。

そんな時、「いつも苦労させているから美味しいものを食べさせてあげよう」とか、「怪しまれないようにこういう時に家族に還元しておこう」とするのが、借金を抱えてる人の思考なのです。

 

最後に、借金を隠れてしている人は、追求されることを非常に恐れています。

そのため、何でもない日常会話なのに、「借金のことに触れられたらどうしよう」と構えてしまい、会話をすることが減ってしまう傾向があります。

会話が最近減ったな、と思ったら「最近何か嫌なことがあった?」と声をかけて、できるだけコミュニケーションを取ることを意識してください。

夫宛ての郵便物に注意

一番簡単に夫の借金に気づける方法は、夫宛ての郵便物です。

家にいるのは専業主婦のあなたなのだから、旦那さんは郵便物を隠しようがありません。

 

見たことのない銀行やカード会社などから親展の郵便物が届いていたら、ほぼ間違いなくあなたの知らないクレジットカードやカードローンを申し込んでいます。

何のきっかけもなく、銀行などの金融機関がいきなりダイレクトメールを投函してくることはほとんど考えられませんので、親展の郵便物があったらさらに注意してください。

 

すでに契約済みのカード会社からでも、親展のものがあったら要注意です。

その多くは利用明細だと思いますが、いつもと違うタイミングでくる郵便物は、返済の滞納による督促であったりとか、たくさんキャッシングしているのが理由の限度額増額のご案内だとか、そういったものです。

 

また、今まできていた郵便の利用明細が突然こなくなったというのも危険信号です。

クレジットカードは利用明細をネット照会に変更することができますので、今まで紙の郵送で届いていたものが届かなくなった時は、旦那さんがネット照会に切り替えた可能性があります。

何もないのに切り替えることはなかなか考えづらいので、「何か後ろめたいことでもあるのかな?」と思ってもいいでしょう。

 

ちなみに、郵便物は、郵便局に電話をすれば郵送せずに郵便局で受け取ることができます。

「利用明細にキャッシングの利用履歴が残っている!」などの場合に、郵便局留めにしてもらって家に郵送させないという手段を取ることができるので、そういった点からも、普段きてた郵便が来なくなるのはとても怪しいです。

 

そして、一番気をつけたいのがこの郵便!

○○債権回収会社というところからの郵便が届いていたら、間違いなく借金を隠しています。

債権回収会社は、文字通り借金の返済を滞納している人に、ちゃんと払ってくださいという督促を行う会社です。

よく聞く債権回収会社は
・ジャックス債権回収サービス
・SMBC債権回収株式会社
・あおぞら債権回収株式会社
・日立キャピタル債権回収株式会社

などです。

ものすごくたくさんの債権回収会社があるので、気になる郵便物が届いたらネットで調べてみてください。

 

郵便物で怪しいと思うものがあったら、心を鬼にして自分の目の前で郵便物の中身をチェックさせましょう。

早めに借金の存在に気付き、全体像を把握することがとても大事です。

夫携帯の着信に注意

旦那さんが携帯電話・スマホをリビングの机の上に置いたままお風呂に入っている時に、着信があった。

そんな経験ありませんか?

着信があると、番号が目に入っちゃいますよね。

この時、自分が住んでいる地域とは違う地域からの電話だったり、0120から始まる電話番号だったら要注意です。

 

債権回収会社は、携帯電話が登録してあれば携帯電話に督促の電話をかけます。

郵便での通知と一緒に、電話でも連絡があります。

 

例えば僕なんかは東海地方に住んでいますが、東京の03から始まる電話番号の場合は債権回収会社の可能性があります。

 

また、消費者金融との契約では、家や会社への電話確認があります。

この時は家の電話に個人名でかかってきますので、聞いたことない名前の人から「旦那さんはみえますか?」と電話してきたら要注意。

友だちであれば普通は携帯の番号を知っているので、家に個人から電話がかかってくることなどほとんどないのです。

カバンやスーツの小ポケットに注意

案外無防備なのが、カバンの小さなポケットや、スーツのポケットなどです。

 

ATMで借り入れをする時には、必ず利用明細の小さな紙が発行されます。

借金を隠している場合は見つかったら大変なので、そのまま近くにあるゴミ箱に捨てたりするんですけど、「誰かに見られたらどうしよう」という意識が働いて、ついつい利用明細をスーツのポケットやカバンの奥底に押し込んだりしたりするんですね。

これが見つかれば、そのまま借金をしている証拠になります。

 

財布の中まで見ることができれば利用明細が見つかる可能性は高くなりますが、案外カバンの奥底に丸まって落ちていることもあります。

義理の親へのヒアリング

借金をしていそうだと感じたら、義理の親に相談してみるのも1つの手です。

 

借金をしている人の心理としては、妻には言えないけど、親には言えるというケースが多いです。

親は無条件に助けてくれるもの。

そんな意識がどこかにあって、苦しくなると親に相談する人は案外います。

 

もちろん、親からお金を借りているというケースもありますので、素直に「夫が借金しているかもしれなくて」と打ち明けてみるのがいいでしょう。

親としても、一番いいのは、夫婦二人で考えていくことだと思っているはずですから、誠実な態度をこちらが見せれば協力してもらえると思います。

信用情報を見てみる

最後の手段として、旦那さんの信用情報を見てみるという手もあります。

 

ただし、他人の信用情報を見るのには、本人の同意が必要ですので、勝手に見ることはできません。

それに、情報を開示するのにも1000円程度のお金がかかります。

 

ある程度借金していそうな目星がついていて、確実に裏が取りたいという状況になったら、信用情報の話をしてみてください。

 

信用情報には、いつ契約したか、いくら借りたか、どれだけ滞納しているかなどの情報が載っています。

本当に借金をしていたら、おおよそ借金の全貌を見ることができるかと思います。

夫の借金に気づいた時に取るべき行動は?

ここまで、旦那さんの借金の有無を調べる方法を書いてみましたが…

なんか、旦那さんの罪を暴く特集みたいな書き方になってしまいましたが、そんなつもりはありません。

あくまでも旦那さんを追い詰めるためではなく、二人で解決したいという気持ちを持って接してください。

大事なのは、借金を解決することです。

(そのまま離婚になだれ込みたいのであれば話は別ですけど)

 

自分の借金をなんとかしたいという気持ちが伝われば、相手も自分から口を開くかもしれません。

後の夫婦生活を考えると、旦那さんから打ち明けてくれるのがベストだと思います。

では、借金の存在を確認できたら、何をすればいいのでしょうか。

借金の額を把握する

まずは大至急、借金の総額を把握しましょう。

 

旦那さんに協力してもらって、全ての借り入れ先からの明細を集めます。

もし明細がなければ、ネットから借入額などを見ることができる金融機関も多いですので、とにかくどんな方法を使ってでも総額を把握することが大事です。

借金をしている本人も、案外細かい数字までは覚えておらず、曖昧に記憶していることが多々あります。

総額がわからない状況では、返していくにしても、誰かに援助してもらうにしても、債務整理するにしても動けません。

 

できればこの時一緒に、金利も調べておけるとベストです。

基本的に借金は、金利の高いところから対応を検討していくことになります。

家計を作って共有する

次にすることは、家計の作成です。

 

こちらも旦那さんは渋るかもしれませんが、給料明細を見せてもらって、月々の収入と、支出、そして返済額を表にしましょう。

 

おそらく、隠さなければいけない額の借金があるということは、家計が赤字になっていることがほとんどです。

その事実を旦那さんと共有して、収入を増やすか、支出を減らすか、どちらかの手を考えなければいけません。

家族に相談すると釘を刺す

借金が発覚した場合にしなければいけないことは、もちろんなんとか返す方法を模索することですが、また隠れて新たな借金をしてこられると元も子もありません。

 

借金をする人は、本当に最後まで、隠れて借金をしようとします。

新しく借金をしてきたら、あなたの親に全部話すからと、釘を刺しておきましょう。

旦那さんがまだ親に話していない状況だったら、この効果は絶大です。

 

変な話ですが、人間自分の親の信用は失いたくないもの。

自分の口以外から借金の事実が親に知られるとなると、ものすごく不安になります。

それを利用して、新たな借金を作ってこないように、あなたが旦那さんをコントロールしなければいけません。

債務整理という選択肢

借金の総額を調べて、家計を作ってみた後にするべきことは2つです。

 

収入を増やすか、支出を減らすかです。

 

収入を増やすことを考えるなら、旦那さんが仕事で残業を増やすか、あなたが働きに出るかしかありません。

支出を減らすなら、交際費や、娯楽費といった比較的削りやすいところから見直して、その後に携帯代や光熱水道費の見直しを行っていきます。

 

それでも、やりくりできない金額の返済がある場合はどうするか。

 

親にお金を借りるなど、他に頼ることができる環境がないのなら、旦那さんの借金を債務整理することになります。

 

ただ、債務整理するかどうかは慎重に考えてください。

今後7年から10年間、旦那さんがローンを組んだり、保証人になれなくなるリスクがあります。

詳しくは本ブログの別記事を読んでいただきたいのですが、そういったリスクを頭に入れた上で、どうしても他に取るべき選択肢がなければ、弁護士に債務整理の相談をしましょう。

旦那さんが債務整理をすると家庭への影響は?

旦那さんが借金を債務整理するにあたって、妻や子どもに与える影響はどんなものがあるのでしょうか。

 

まず借金は、原則個人についてまわるものです。

ですので、旦那さんが債務整理をしたからといって、妻のあなたの信用情報に傷がつくことはありません。

 

また、同居の家族以外にバレるリスクもほとんどありませんので、周りの人に子どもが何か言われたりといった影響もありません。

 

旦那さんの債務整理の責任や影響を、家族が被るということはないのです。

 

ただし、家や車といった旦那さん名義の財産については、債務整理の内容に応じて処分される可能性があります。

詳しくは本ブログ内の他記事を読んでみてください。

 

旦那さんの信用情報に事故情報が載りますので、もし子どもの学費ローンが組みたいとか、車を買い替えないと生活できなくなるということが考えられるのなら、このタイミングで働きに出ることを考えるべきです。

 

債務整理で借金はいくらか楽になりますが、債務整理後の生活は楽にならないことが多いです。

少しでも家庭全体の収入を増やして、何かあった時のために現金を持っておきましょう。

 

働きに出れば、継続的な収入があると認められて、あなた名義でローンを組むこともできる可能性がありますし、働くことでマイナスに働くことはないです。

まとめ

夫の借金に気づく方法と、気付いた時に取るべき行動について説明しました。

 

正直自分で書いていて、耳が痛いなーという情報ばかり書きましたが、借金を隠していた自分の体験に基づいて書いているので、かなり信憑性は高い内容になっているはずです。

 

一家の大黒柱が作った借金は、家庭全体の問題。

なんとか、夫婦で協力して乗り越えてください。



もし債務整理を考えるのなら、一度下の画像をクリックして相談してみることをおすすめします。

無料なのは当然ですし、匿名で借金・債務整理の相談をすることができます。

特に、メールでの相談が基本というのが、非常にハードルが低くておすすめです。

旦那さんと一緒に相談してみることで、借金の正確な額なども把握することができますよね。

また、相談しただけではブラックリストに載ることはないので、まずは相談だけという使い方はありです。



情報を入力すると、最初は借金相談カフェが選んだ事務所の事務員の方からメールがくるはずです。

ここで連絡がくる事務所は、どちらかというと小さな個人事務所~中規模な弁護士事務所です。

 

メールでのやり取りをした後、もし自分に合う事務所だと感じたら、そのまま弁護士との相談を取り付けることができます。

電話番号を入れるところが出てきますが、基本的にメールで了承しない限り、勝手に電話がかかってくることはありません。

 

メールなどで相談してみて自分と合わなかったら、他の事務所を探してもOKです。

 

ひとつずつ進んでいけば、絶対に家族の暮らしは楽になります。

旦那さんが信用できないなら、あなたが主導権を握って解決に導きましょう。

-借金

Copyright© 債務整理の行く末 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.