はじめての債務整理

初めての債務整理!最低限知っておくべき6つのこと

債務整理についての知識がまったくない方のために、債務整理の触りを分かりやすく解説します。


はじめての債務整理、基本中の基本

借金と縁がない生活を送っている方は、債務整理という言葉すら聞いたことがない方もいるかもしれません。

債務整理とは、借金を減額したり、0にしたりする手続きのことです。

 

国が法律で認めている債務整理の方法もあれば、お金を貸してくれている会社(債権者といいます)と話し合いを行って減額してもらう方法もあります。

任意整理とか、自己破産という言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、これらは債務整理の手段の一つです。

債務整理をすると何が起こるの?

債務整理を行うと、借金が減額されるか0になり、月々の返済が楽になります。

 

しかし、当然のことですが、何の条件もなしに借金が減額されたり0になるわけではありません。

国が法律で認めている方法であれば、裁判所に対して手続きを行う必要がありますし、債権者と話し合う方法では、それなりの手順やノウハウが必要となります。

 

また、債務整理を行うと、いわゆるブラックリストに載った状態になります。

そのため、債務整理後一定期間は新しくクレジットカードを発行することができなくなりますし、ローンも組むことができなくなります。

債務整理をするには誰に相談すればいいの?

債務整理をする場合は、基本的に弁護士か司法書士に依頼することになります。

 

自分一人でも債務整理を行うことはできなくはありません。

しかし、手続きの途中で何度も裁判所に呼び出されたり、債権者が訴訟(裁判)を起こしてきた時も一人で対処しなければいけません。

また、債権者と話し合う方法をとる場合では、そもそも債権者に相手にされない可能性もあります。

 

そのため、債務整理を考えている場合は、弁護士か司法書士に相談するのがおすすめです。

債務整理をしたことは、周りの人にばれるの?

債務整理をしたことは、基本的にはばれません。

特に、会社・友人・知人・親戚などにはほぼ確実に知られずに債務整理を行うことができます。

 

ただし、債務整理の方法によっては、同居の家族に隠れて債務整理をすることが難しいケースもあります。

 

借金を抱え続けていると、返済できなくなった時に会社に電話がかかってきたり、家に督促のための訪問があったりするので、債務整理をしない方が借金の事実がばれる可能性が高いです。

債務整理するのにお金はかかるの?

お金はかかります。

 

弁護士や司法書士に依頼する場合は、着手金や報酬を支払う必要があります。

また、それ以外にも、裁判所に手続きをする債務整理の場合には、裁判所の手続きで必要な諸費用がかかります。

 

しかし、債務整理をするほど借金があるということは、お金を持っていないことは誰でも分かりますので、弁護士費用は分割で支払うことができるところが多いです。

裁判所の諸費用についても、それほど高い金額ではありませんので、お金がないことを理由に債務整理を躊躇することはありません。

債務整理の簡単な流れを教えてほしい

弁護士に相談する場合の流れを説明します。

弁護士に相談する

まずは、弁護士事務所に連絡を取って、弁護士と相談を行います。

どれだけ借金があって、どれだけ収入があって、どれだけ生活費がかかっているか。

どんな財産を持っていて、手放したくない財産はどれか。

このように、お金に関わることを、全て弁護士に話します。

 

弁護士は話を聞いた上で、どのような債務整理の方法がいいかを提案してくれます。

ひょっとしたら、債務整理を行わずに借金を返済していく方がいいというアドバイスを受けるかもしれません。

 

弁護士からの提案を受けて、債務整理を行うかどうかを決めます。

弁護士から受任通知が発送される

債務整理をすることを決めて、弁護士と契約を結ぶと、弁護士から受任通知という「債務整理をすることになりました」という通知が、債権者に向けて発送されます。

 

この受任通知を受け取った債権者は、あなたに対して借金の取り立てを行うことができなくなります。

 

また、債務整理の手続きが終わるまで、受任通知を受け取った債権者への返済は行わなくてもよくなります。

債務整理の手続きを行う

債務整理の手続きは、選んだ方法によって大きく異なるので、詳しくは別記事を読んでみてください。

 

基本的には、ほとんどの作業は弁護士がやってくれます。

依頼したあなたがすることは、債務整理に必要な書類を集めることくらいです。

減額された借金の返済を行う

債務整理の手続きが完了して、借金が減額されたら、その借金の返済を行っていきます。

減額された借金を支払う期間は3年~5年になります。

毎月決まった額を返済していきます。

この返済が完了すれば、晴れて借金のない生活に戻ることができます。

まとめ

債務整理について、最低限知っておくべきことを書きました。

 

債務整理を考えるのであれば、弁護士任せにせず、ご自身が債務整理について学ぶことを強くおすすめします。

 

どの弁護士も、間違いなくあなたの味方になってくれます。

しかし、弁護士は日本中にたくさんいます。

合う弁護士、合わない弁護士が必ず存在します。

自分が希望しない債務整理を提案してくる弁護士もいます。

 

債務整理の知識がまったくないと、弁護士の言われるがままに進めることになってしまって、ご自身の納得のいかない形で決着がついてしまうかもしれません。

そうならないためにも、債務整理について学んでおくことは、今後の人生を自分で歩いていくためにも必要なことだと僕は考えています。

 

弁護士への相談を考えてみようという方は、この記事を読んでみてください。

僕が理想的だと思う弁護士の選び方について書きました。

あわせて読みたい
個人再生経験者が考える弁護士の理想の選び方個人再生を実際に起こった僕が考える、理想的な弁護士の選び方についてです。 個人再生に限らず、任意整理や自己破産など、どの債...