債務整理情報【全般】

債務整理を決断するタイミング

更新日:

債務整理を決断するべきタイミングは、どんな時なのでしょうか。

僕が考える債務整理を検討すべきタイミングは、総量規制に引っかかっていて、かつ手元に15万円以上の現金が残っている時です。


債務整理はいつ考えたらいいの?

債務整理を考え始めるタイミングは、人それぞれだと思います。しかし、債務整理を決断するタイミング次第では、手続き中の生活や、手続き後の返済額などがかなり変わってきます。

ここでは、僕が債務整理に踏み切った経験を元に、債務整理を決断すべきタイミングはどんな時なのか、考えてみたいと思います。

筆者の場合

僕が債務整理を検討し始めたのは、「借金の返済に親から借りたお金を充てた時」でした。

それまで一度も返済を滞ったことがなかった借金生活でしたが、全てのカードを上限まで借り入れ、新規のカードの作成もできず、ショッピング枠の現金化すらできない状況でした。

 

「今月どうしてもお金が足りなくて。3万円だけ貸してほしいんだ」

そう言って母からお金を借りました。

その時の母の一言。

「3万円なんて大金、どうしたの?」

3万円を大金だと思えなくなっている自分が、どれだけ金銭感覚が麻痺しているか、思い知らされた一言でした。

 

毎月25万円の返済をやりくりしてきてたのだから、3万円なんて大した金額だとは思っていなかったというのが正直なところです。

僕のように、親や知人に借りなければならないくらいに切羽詰まってから債務整理を考えたのでは、はっきり言って遅いのです。

債務整理に必要な金額

まず、債務整理を行うにあたって、必要なお金の額を覚えておいてください。

これから書くお金は、債務整理を始める前に「現金」で手元に残す必要があります。

このお金が用意してないと、債務整理の手続きが、生活面でも手続きの遂行という面でも非常に苦しくなります。

債務整理を考える時には、頭の中に入れておきましょう。

 

債務整理(ここでは個人再生について書きます)を行うには、弁護士の力を借りることが一般的です。

もちろん司法書士を頼ったり、自力で手続きを進めることもできますが、確実に個人再生の手続きを成功させるためには、弁護士に頼むのが間違い無いと思います。

 

弁護士に依頼することになると、まずは相談料を考えなくてはいけません。

債務整理の相談の場合は無料の事務所が多いのですが、個人で運営している小さな事務所や、2回目以降の相談には、相談料がかかることがあります。

相談料は、だいたい30分5000円と思ってください。

債務整理の手続きをする時には、複数の事務所に相談してから決めた方がいいと思いますので、相談料として2万円はみておいた方がいいです。

 

次に、債務整理手続きを委任する弁護士事務所が決まったら、契約に進みます。

弁護士事務所は、債務整理を受任するにあたって、着手金を請求します。

この着手金は、債務整理の成功失敗に関係なく支払わなければならないものですが、30万円から60万円程かかるため、債務整理の場合は分割して支払うことが一般的です。

分割で払う分については、月々の給料から捻出することになりますので、契約する段階ではそれほど重く考えることはありません。

 

ただし、契約する時に、着手金の一部を現金で渡す必要があります。

事務所の方針や相談者の現状にもよると思いますが、だいたい1万円と思ってください。

 

ここまでが、任意整理、個人再生、自己破産のどの債務整理を選択してもかかってくるお金です。

 

そして、弁護士との契約が完了すると、個人再生と自己破産については、裁判所に提出する書類を集めなければいけません。

この書類集めにかかるお金も依頼者が負担することになります。

役所での文書発行手数料や、銀行の取引履歴開示のための手数料などです。

これらが案外バカにならなくて、多く見積もって1万円はみておいた方がいいです。

 

そして、弁護士に委任してからの生活費も確保しておく必要があります。

急病になったり、不慮の事故なども考えると、10万円は用意しておいた方が安心です。

以上が、債務整理を始めるにあたって必要な現金です。

 

まとめると、
内容 金額 備考
弁護士への相談料 2万円  相談料無料が多いが個人事務所や2回目以降の相談には相談料がかかる
着手金の一部 1万円  契約時に現金で支払う必要あり
書類取得手数料 1万円 役所での書類や銀行での取引履歴開示などの手数料
手続き中の生活費 10万円  病気や不慮の事故を顧慮
おおよそ、15万円は現金で持っていないといけません。

現金は財産とみなされる

個人再生の手続きでは、100万円を超える現金を持っていると、財産とみなされます。

財産とみなされるとどうなるかというと、簡単に言えば手続き後の返済額が増えてしまうのです。

ですので、手元に現金を残す場合には、100万円以下にする必要があります。

債務整理を考えるタイミング

ここまで読んでいただいて分かるように、債務整理を考えるギリギリのタイミングとしては、

「手元に現金15万円が残っている状態」

だと思います。

僕のように、現金を全く用意できずに弁護士と契約すると、役所の手数料代を捻出するのにも苦しかったり、病気になっても病院に行くお金もない状態になりかねません。

 

弁護士に委任すると、借金の返済はしなくてもよくなりますが、代わりに弁護士への着手金の支払いが始まります。

生活に余裕ができるかと言われれば、決して楽な生活になるとは言えません。

困った時に弁護士がお金を貸してくれることはありません。

何かあったときのために、現金を手元に残して自分の生活を守るのは、自分自身なのです。

 

と、ここまでは本当にギリギリのラインの話をしましたが、もっと余裕があるうちに債務整理に踏み切った方がいいのは間違いありません。

その一つのタイミングとしては、「総量規制に引っかかった時」だと思います。

 

総量規制に引っかかるということは、年収の3分の1以上の借り入れがあるということ。

そして、それ以上お金を借りようとするならば、総量規制の対象外である銀行のカードローンを契約しなければならないということ。

一歩踏みとどまって、自転車操業から抜け出し、債務整理を検討するタイミングとしては、とてもいいタイミングだと思います。

 

年収の3分の1を超える借金があると、かなり生活は苦しくなっているはずです。

地道に返していくのもかなり難しい額だと思います。

(僕は総量規制は年収の5分の1くらいにした方がいいと思っているくらいです)

 

ですので、実際に債務整理に踏み切らないにしても、一度弁護士と相談してみるいいタイミングなんじゃないかなと思います。

 

もし債務整理を考えるのなら、一度下の画像をクリックして相談してみることをおすすめします。

無料なのは当然ですし、匿名で借金・債務整理の相談をすることができます。

特に、メールでの相談が基本というのが、非常にハードルが低くておすすめです。

また、相談しただけではブラックリストに載ることはないので、まずは相談だけという使い方はありです。



情報を入力すると、最初は借金相談カフェが選んだ事務所の事務員の方からメールがくるはずです。

ここで連絡がくる事務所は、どちらかというと小さな個人事務所~中規模な弁護士事務所です。

 

メールでのやり取りをした後、もし自分に合う事務所だと感じたら、そのまま弁護士との相談を取り付けることができます。

電話番号を入れるところが出てきますが、基本的にメールで了承しない限り、勝手に電話がかかってくることはありません。

メールなどで相談してみて自分と合わなかったら、他の事務所を探してもOKです。

 

ひとつずつ進んでいけば、絶対に借金の問題は楽になります。

僕も無料メール相談から一歩を進めることができました。

安心してください。だいじょうぶです。

-債務整理情報【全般】

Copyright© 債務整理の行く末 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.