デビットカード

個人再生手続き中も認可後もデビットカードは作れます

投稿日:

個人再生を行う人が、真っ先に生活に支障が出そうだと考えるのは、クレジットカードを持つことができないことです。

しかし、デビットカードであれば、個人再生の手続き中でも、個人再生の認可後でも作ることができます。

デビットカードはクレジットカードとほとんど使い勝手が変わらないため、個人再生を行う人には必需品です。


個人再生手続き中でもデビットカードは作れる

個人再生手続き中でもデビットカードを作成することはできます。

実際、僕は個人再生の手続き中(といっても手続きのだいぶ終盤の方ですが)にデビットカードを作りましたが、特に問題はありませんでした。

 

間違いなく言えるのは、デビットカードの会社側は問題なく作らせてくれます。

理由は後にも書きますが、審査がないためです。

 

ただ、デビットカードを作るということは新しく銀行口座を作ることになります。

そのため、弁護士や裁判所がどう取るかは分かりませんので、念のため弁護士に確認してから作成してください。

 

認可後については、裁判所はまったく関与しなくなりますので、堂々とデビットカードを作成してもだいじょうぶです。

デビットカードは審査がない

デビットカードには審査がありません。

僕が愛用しているソニー銀行のホームページを見てみると、「カード申し込み時の審査なし」とはっきり明記されています。

 

ここで簡単にデビットカードとクレジットカードの違いについて説明します。

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは、その決済方法です。

 

クレジットカードで買い物をするときには、
1.利用者がお店で商品を購入する
2.カード会社が支払いを建て替える
3.引き落とし日に利用者がカード会社に商品購入代金を支払う

という流れになっています。

このうち、2の「カード会社が支払いを建て替える」という点がポイントになります。

 

カード会社が支払いを建て替えるということは、一時的にあなたの代わりにカード会社がお金を支払ってくれることになります。

カード会社は「この人は安心できるから建て替えて支払っても問題ないな」という判断をするために、あなたの信用情報を確認します。

そして、信用情報に問題がないと分かれば、その信用情報を担保にして支払いを建て替えるのです。

そのため、信用情報に問題があるとクレジットカードが使用できません。

 

一方、デビットカードは、クレジットカードの決済方法と根本的に異なる方法で決済を行います。

デビットカードで商品を購入すると、「銀行口座に預けているお金」からすぐに商品の代金が引き落とされます。

ですので、一時的にカード会社が支払いを建て替えるという期間がありませんので、信用情報を見る必要がないのです。

言わば、「口座の預金残高」を担保としてデビットカードを使用した買い物ができるのです。

 

もちろん口座の預金残高以上の金額の買い物はできません。

これが、デビットカードで審査が必要のない理由です。

デビットカードに抵抗を持つ必要は全くない

デビットカードは日本ではあまり普及していませんが、海外ではとてもポピュラーな存在だということをご存知でしょうか。

親が子どものためにデビットカードを作って、毎月のお小遣いは口座に振り込んでデビットカードで支払いをさせるということも、ごく普通に行われています。

 

日本ではクレジットカードのポイント還元率やカード特典が注目されていて、デビットカードよりもクレジットカードの方が先に広まったという経緯があります。

ですので、日本ではデビットカードを持っていること自体がレアなように感じるかもしれません。

デビットカードを持っている=信用情報に問題がある、というように見られるのでは?と感じる人も中にはいるでしょう。

 

でも、デビットカードの券面を見てみると分かりますが、ほとんどクレジットカードと見た目が変わらないデザインのものが多いです。

「デビットカード」とでかでかと書かれていることもなく、支払いの際に一瞬見せた見た目でデビットカードと気づかれることもほとんどありません。

 

それに、安全に・便利にカードを利用するためにデビットカードを選択している人も多くいます。

 

実際に僕の妻は、海外旅行で便利に使うためにデビットカードを発行して利用しています。

ソニー銀行のデビットカードを発行して利用しているのですが、ソニー銀行は口座に外貨預金をすることができます。

そして、海外旅行に行ったときにデビットカードで買い物をすると、その外貨預金から即座に引き落としをかけることができます。

クレジットカードだと、その時の為替レートによって支払う金額が変わってきますので、為替によっては損をすることもあります。

しかし、デビットカードを使った場合は、外貨預金から外貨が直接支払われるため、為替の影響を受けません。

つまり、円高の時に外貨預金を貯めておいて、円安の時に海外旅行でデビットカードを使うといった、とてもお得な利用ができるのです。

 

こういう形でお金にシビアな人もデビットカードを普通に利用していますので、デビットカードを持つことに抵抗を感じることはまったくありません。

デビットカードを使用する上での注意点

クレジットカードを利用する時にも、さまざまな注意点があると思いますが、デビットカードを使用する上でも注意した方がいい点がいくつかあります。

特に周りにデビットカードを使っている人がたくさんいるという方も少ないと思いますので、ぜひ覚えておいてください。

VISAデビットかJCBデビットを選択しよう

デビットカードには、現在3種類のブランドがあります。
・VISAデビット
・JCBデビット
・J-Debit

デビットカードを作る場合は、必ずVISAデビットかJBCデビットのどちらかにしましょう。

 

J-Debitは、日本が企画を作ったブランドで、利用できる店舗が極端に少ないです。

J-Debit特有のメリットは特にありませんので、わざわざ利用できる店舗が少ないブランドを選ぶ必要もありません。

おそらくJ-DebitはVISAやJCBにいずれ吸収されると思います。

ですので、特に「知り合いにどうしても発行してくれと言われた」など、理由がなければ、VISAかJCBを選ぶべきです。

口座に必要な金額を常に入れておこう

デビットカードは、口座に入っている分の金額までしか決済できません。

ですので、万が一のためにカード支払いを選べるようにするため、必ずデビットカードが引き落とされる口座には、常にお金を入れておく必要があります。

 

もしデビットカードを使って買い物をしたときに口座の残高が足りないと、その場で決済が拒否されます。

予期せず「お客様のカードは使えないようですが」と店員に言われてしまいますので、恥ずかしい思いをしないためにも、必ず口座にはある程度のお金をキープしておくようにしましょう。

不正利用に備えよう

デビットカードも、クレジットカードと同じように、不正利用に備える必要があります。

万が一、デビットカードが盗難されて不正利用されてしまうと、当然即座に口座から現金が引き落とされることになります。

クレジットカードの場合はいったんカード会社が建て替えていますので、実害が自分のところに来る前になんとかできるケースが多いですが、デビットカードの場合はすぐに現金が抜かれます。

 

でも、クレジットカードに不正利用の補償があるように、デビットカードにも不正利用に対する補償があります。

不正利用された金額分だけのお金を、カード会社が補償してくれるという仕組みですね。

 

ただし、デビットカードの補償上限額は、クレジットカードの補償上限額よりも低く設定されているケースが多いです。

UFJ銀行のデビットカードの場合は、以下のようになっています。

不正利用補償

最大:年間100万円
※偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、当行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償します。

つまり、不正利用にあった場合は、最大で100万円までは補償されますが、それ以上使われてしまった場合は、100万円を超えた分は支払われなくなってしまいます。

ですので、必ず1日の利用限度額を設定してください。

利用限度額を10万円などに設定しておけば、不正利用の金額が100万円を超えることはまずなくなります。

 

また、ソニー銀行のデビットカードを例にあげると、
紛失・盗難などにより、Sony Bank WALLET が第三者に不正利用された場合、当社に通知が行われた日の30日前の日以降に発生した損害について、1日あたり、ご利用限度額の範囲で補償します。
とあります。

ソニー銀行の場合は、利用限度額の範囲で全額補償のようですので、心配はありませんね。

使えない店舗を確認しよう

デビットカードは、クレジットカードが使えるところであれば、基本的にどこでも利用できます。

VISAデビットであれば支払い方法にVISAと書いてあるお店なら使うことができますし、JCBデビットの場合もJCBのクレジットカードが使えるところならほとんどどこでも利用できます。

 

ただし、決済方法の関係で、デビットカードが使えないところもたまにですがあります。

一番代表的なのは、ガソリンスタンドです。

 

ガソリンスタンドでは、
1.カードが使えるか確認する(この時口座の残高は確認せず)
2.給油をする
3.一定期間後にまとめて引き落としがかかる

という決済方法となっています。

ですので、銀行の口座残高以上の給油をした場合、給油はできてしまうけど支払いができない、という状況になってしまいます。

この決済方法の特徴があるため、一部のデビットカードはガソリンスタンドでは使用できません。

 

実はデビットカードの中でも、以下のカードはデビットカードをガソリンスタンドで使用することができます。
・ジャパンネット銀行デビットカード
・楽天VISAデビットカード、楽天JCBデビットカード
・住信SBIネット銀行デビットカード

しかし、どのデビットカードでも、ホームページでガソリンスタンドで使用する場合の注意点が書いてあります。

共通しているのは「ガソリンスタンドで使った分の引き落としができなかったらデビットカードの利用が停止になる」ということです。

 

それはそうですよね。

支払いができなかったら一時的にカード会社が支払いを建て替えることになってしまうので、信用情報の審査がないデビットカードが利用できなくなってしまうのは当然です。

 

僕はいろいろ考えた結果、ガソリンスタンドでは使えないソニー銀行のデビットカードにしました。

理由は、妻のカードでガソリンの給油を行えばいい、というのと、万が一でも支払いができなくてトラブルになるようなら最初から利用しない、という使い方を選んだからです。

ガソリンスタンドで利用したいと考えている方は、くれぐれもご注意くださいね。

デビットカードは債務整理をした人にとって非常に相性のいいカード

デビットカードは、債務整理を考えている人、債務整理をした人にとって、非常に相性のいいカードです。

なぜかというと、デビットカードを便利に利用するためには、銀行口座にある程度のお金を貯めておく必要があるからです。

 

債務整理をするということは、今まで「銀行にお金を貯める」という習慣がなかったはずです。

デビットカードを作ることによって、カードを使うために銀行にお金を貯める習慣がつきます。

1万円でも2万円でも、手元にお金が余ったら、とにかくデビットカードの口座に入金をするようになります。

 

僕はデビットカードを作ってから、驚くほど貯金ができるようになりました。

だって、いざという時にカード払いができないと大変なことになりますから、月に最低でも1万円は貯金していくようにしています。

 

また、デビットカードは口座に預けているお金以上の買い物はできませんので、自然とお金の使い方がシビアになります。

「この商品を買うのにこれだけお金がかかるのか。でも銀行口座にはこれだけしかお金がないな。よし、買うのはやめておこう」

というパターンの思考になりやすいです。

ですので、支出を減らすという意味でも、かなりいい影響があります。

 

コンビニでもスーパーでも、なんでもかんでもデビットカードで支払うようにすると、本当にお金に対する価値観が驚くほど変わります。

ここは騙されたと思って、1枚作ってみてください。

おすすめのデビットカード

これはもう圧倒的にソニー銀行のデビットカードです。

債務整理するにあたって、地方銀行以外のデビットカードは一通り調べましたが、ソニー銀行のデビットカードは頭1つ抜きん出ています。

 

ソニー銀行のデビットカードはSONY BANK WALLETと言います。

SONY BANK WALLETは上の方でも書いたように、あらかじめ外貨預金をしておいて、海外旅行で買い物をする時に外貨預金から直接支払うことができます。

為替の影響を受けないので、この支払い方法は本当にオススメ。

また、振込手数料が月に2回から11回無料になりますので、個人再生後の返済振込でもとても重宝します。

 

また、SONY BANK WALLETはキャッシュバック機能が付いていて、デビットカード支払いの0.5%が後日現金で振り込まれます。

クレジットカードに比べると還元率は低いですが、デビットカードの中ではトップクラスです。

 

スマホユーザーはアプリの有無が気になるかと思いますが、SONY BANK WALLETにもアプリはもちろんあり、アプリをダウンロードすると、残高と利用明細を確認することができます。

とてもシンプルで、アプリの動作も軽いです。

振込などはアプリからはできませんが、アプリからスマートフォン対応のサイトに飛ぶことができて、そこから振込ができますので、僕は特に不便に感じたことはありません。

 

そして最後に、なんと言っても券面のデザインが素晴らしい!

僕が数多く作ってきたクレジットカードとデビットカード通して、一番のデザインです。

持ってるだけで気分がよくなるのは間違い無いので、一度券面デザインを見に、SONY BANK WALLETのサイトに行ってみてくださいね。

-デビットカード
-, ,

Copyright© 債務整理の行く末 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.